お知らせ

吉野杉透かし彫り

主な産地 黒滝村
特徴 夏目と冬目の硬さの違いを利用し、軟らかい夏目部分だけを抜き去り模様を浮かび上がらせる工芸品。年輪が緻密で無節、通直な吉野杉だからこそ繊細な表現が可能で、材を焼き切るレーザー加工とは違い吉野材のほのかな桜色も損なわない。
歴史 黒滝村は川上村や東吉野村と並び吉野林業の中心地として栄えてきた。「山守」制度を現場で支え、吉野杉を知り尽くした「山行き」だからこそ思い付いた技法で、手塩にかけた材を余さず利用したいという思いもあって発展させてきた。