郷土料理

半夏生餅/小麦餅/さなぶり餅

主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 「半夏生餅」はつぶし小麦と、もち米を混ぜてついた餅のことで「小麦餅」ともいう。大和平野では、田植えを終え農作業がひと段落つく7月上旬に、もち米と、つぶし小麦を蒸しあげ餅つきをし、きなこをまぶして食べる。一度にまとめてつき、大きな鉢に入れておき、しゃもじや箸で少しずつ取り出してはきな粉をまぶして食べていた。食感はもち米だけでついたものより、粘りが少なく、蒸し暑い季節に胸焼けしにくいこのお餅がこのまれていた。
歴史 夏至から数えて11日目を「半夏生(はんげしょう)」という。奈良盆地では、「半夏生」の頃に小麦の収穫が終わり、田植えも一段落することから、「半夏生餅」を作り、ひと休みする。田植えが終わり、田の神を送り感謝する行事である早苗饗(さなぶり)に食べられることから、「さなぶり餅」ともいわれている。 県民俗博物館の資料によると室町時代からこの風習があったと記されている。田植えを終え、田の神様に供えて豊作を祈り、田植えの無事に感謝しながら食べるのが習わしだった。小麦を栽培する地区が減り、50年ほど前には半夏生餅が作られなくなっていた。最近では、半夏生餅の風習を集落ぐるみで復活させている地区もあり、毎年の恒例行事となっている。