奈良を知る

主な産地 五條市、斑鳩町、大淀町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 品種によりさまざまな食感や甘みが楽しめる。青梨の代表的な品種である二十世紀はみずみずしくてさっぱりとした甘みが特徴。
歴史 日本のナシの歴史は古く、飛鳥時代には持統天皇が栽培を奨励したといわれている。奈良県では幕末の安堵村(現在の安堵町)で栽培が始まり、明治以降、大淀町や五條市に広がって、現在の梨産地が形成された。直接販売と、観光農園を主体に、高品質の梨が供給されている。