奈良を知る

黄金まくわ

主な産地 奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山添村、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、曽爾村、御杖村、高取町、明日香村、上牧町、王寺町、広陵町、河合町、吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 ほのかな甘みと黄金色の果皮が美しい。お盆のお供え物として使われることが多い。
歴史 平城宮跡から種子が発掘され「万葉集」の中でも山上憶良が「瓜食めば…」と詠んでいるように、奈良時代から庶民の間でも食べられていた。昭和初期から奈良県が品種育成を進め栽培面積が拡大していったことにより、奈良のまくわが市場を席巻した。現在では主に自家消費用として栽培されている。