奈良を知る

主な産地 奈良市、五條市、下市町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 奈良では6月上中旬に収穫する鶯宿、6月中下旬の白加賀、6月下旬から7月初旬の南高などが作られ、梅酒や梅干しに加工されている。南朝の貴族たちを慰めた賀名生梅林、松尾芭蕉が愛で、句を残したと伝えられる月ヶ瀬梅林などの名勝が、今の梅の産地となっている。
歴史 五條・吉野地域で多く栽培されています。主な品種は「鶯宿(おうしゅく)」「白加賀(しら かが)」「南高(なんこう)」で、5月下旬から7月上旬まで出荷されています。