奈良を知る

下北春まな
〜下北山村で栽培される下北春まな。大ぶりの丸い葉は、切れ込みがなく肉厚で、濃い旨味と柔らかい口当たりが特徴。〜

主な産地 下北山村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 大ぶりの丸い葉は、切れ込みがなく肉厚で、濃い旨味と柔らかい口当たりが特徴。漬物の葉でご飯を包んで「真菜めはり」としても愛されてきた。漬物、味噌和え、鍋などがおすすめ。
歴史 明治時代より、吉野郡下北山村では、古くから自家野菜として「下北春まな」と呼ばれる漬け菜が独自に栽培されてきた。