奈良を知る

ぶどう(河合町)

主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 河合町の穴闇大字西山地区では、ぶどうの生産が盛んで、県外の方々も購入に訪れる大人気な作物です。ふるさと納税の人気返礼品となっている他、近年はワインなどの加工品づくりにも力を入れています。様々な品種を栽培しているので、直売所に行ったら珍しいぶどうに出会えるかも!?
歴史 穴闇大字の西山地区は、大正12年(1923年)にぶどう園として開墾され、令和4年(2022年)には開墾100周年を迎えました。昭和9年(1934年)には13haもの果樹園を造園し、今日の基礎を築きました。
当初は、デラウェアを中心に栽培され、京都、大阪、和歌山の市場まで鉄道で出荷されていました。昭和43年(1968年)には、西大和ニュータウン開発によりぶどう園も縮小されましたが、技術の発展により巨峰、ピオーネ、シャインマスカットなど多様な品種のぶどうが栽培されています。