奈良を知る

大和寒熟ほうれん草

主な産地 奈良市、桜井市、宇陀市、曽爾村、御杖村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 冬の寒さから身を守るために、ほうれん草が自ら糖度を増す特性を利用して作られている。甘みが増すと、まるでフルーツのように。
歴史 ホウレンソウは県内で1年中生産出荷されているが、寒気にあてゆっくり生育させると甘みが強くなる性質を利用して、標高300m以上の宇陀市、曽爾村、御杖村など大和高原地域で生産される。品種・栽培方法・栽培地域・糖度の測定等について規定した栽培マニュアルに基づき、生産・出荷される。