奈良を知る

ほうれんそう

主な産地 奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山添村、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、曽爾村、御杖村、高取町、明日香村、上牧町、王寺町、広陵町、河合町、吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 栄養が豊富なほうれんそうは、冬には葉の緑色がさらに濃くなり、栄養分も甘みも増す。
歴史 昭和40年代から、宇陀地域を中心に夏ほうれん草が、平坦地域では秋冬ほうれん草が栽培される。標高の高い大和高原地域では、夏の涼しい気候を生かしてほうれんそう栽培を行っている。県内では周年生産しており、生産量も多い。