奈良を知る

花みょうが

主な産地 五條市、大淀町、下市町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 鮮やかな光沢があり、ほんのりピンク色でふっくらとした大ぶりのみょうがで、風味とシャキシャキした食感に優れる。内部に開花前のツボミを持っていることからその名が付いた。薬味や漬物に適しており、炊き込みご飯は地元で馴染みの料理。
歴史 半日陰で水はけの良い土地を好むことから、山間地で栽培されてきた。みょうがは「魏志倭人伝」の中にはすでに栽培の記述があり、古くから食されてきたことがわかる。