奈良を知る

トマト
〜食の欧米化とともに、県内でも栽培面積が増加していった。完熟収穫が可能な品種の普及に伴い、果物感覚で食べられる野菜になった。〜

主な産地 大和郡山市、天理市、五條市、曽爾村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 現在はサイズや色(黄色・オレンジ・緑・黒など)も多様。赤い色素「リコピン」には抗酸化作用があり、美容や健康への効果が期待されている。
歴史 県内では、厳冬期を除いて、様々な栽培方法によってトマトが作られている。標高が400〜600mある大和高原地域は、夏でも比較的冷涼で昼夜の気温差も大きいため、糖度の高いトマトが生産されている。食の欧米化とともに、県内でも栽培面積が増加していった。完熟収穫が可能な品種の普及に伴い、果物感覚で食べられるようになった。