奈良を知る

黒滝白きゅうり

主な産地 黒滝村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 外観は果実全体が白色で、長さは一般の生食用のきゅうりに比べてやや短いのが特徴。えぐみがなくコリコリとした食感だ。生食用としての流通はほとんどなく、漬物(ひね漬け)に加工して直売所などで販売されている。
歴史 江戸時代から栽培されていたと伝えられ、現在まで種子を受け継ぎ生産されている。黒滝村で江戸時代から種子を受け継ぎ生産している黒滝白きゅうり。生産者が少なく、希少なきゅうりだ。