奈良を知る

半白きゅうり

主な産地 葛城市
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 ヘタの方から緑色→白色のグラデーションが特徴的。食感が良く、塩もみして食べるのがおすすめ。
歴史 かつて奈良県では「きゅうり」といえば「半白きゅうり」のことをさすほど普及していた。 戦後、きゅうりの品種は歯切れと食味の良い生食用の白イボ系が主流となり、果皮が固く漬け物利用が主であった半白は姿を消していった。それでも一部の産地では現在でも半白が生産されており、直売所等で販売されている。