奈良を知る

きゅうり
〜戦前はすいかに次ぐ奈良の特産品。県内では一般的な白イボに加え、大和三尺、黒滝白、半白など特徴あるきゅうりが数多く存在する。〜

主な産地 桜井市、五條市、宇陀市、明日香村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 収穫期のきゅうりは果実の成長が早いため、生産者は1日に2回収穫を行う。きゅうりをまっすぐ伸ばすためにはストレスをかけずに栽培する必要があり、生産者の腕の見せ所だ。県内では一般的な品種に加え、大和三尺、黒滝白、半白など特徴あるきゅうりが多く存在する。
歴史 奈良県のきゅうりは一般的な品種の他、様々な特徴的な品種が栽培されています。戦前はすいかに次ぐ奈良の特産品。