奈良を知る

大和三尺きゅうり
〜奈良のきゅうりの代表格であった大和三尺。今では生産量は少ないが、奈良漬として楽しめる。〜

主な産地 奈良市
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 長さ60cm以上にもなる長型品種で、果色は淡緑色、歯切れの良い食感と柔らかい皮が特徴。奈良漬として楽しめる。
歴史 大和高原一帯で昭和40年代まで栽培。 明治後期に県内で交配育種された品種。ぽりぽりとした歯切れ良い食感がや皮の柔らかさが好まれ、奈良漬用として現在は契約栽培されている。