奈良を知る

検索結果

カテゴリ: いちご
産地・エリア:
季節:
キーワード:
6件

いちご
〜1962年から18年間、作付面積が全国第3位の大産地だった奈良のいちごは、今でも県を代表するくだものだ。〜

主な産地 奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、御杖村、高取町、明日香村、上牧町、広陵町、河合町、大淀町、下市町、天川村
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 爽やかな香りと口いっぱいに広がる甘酸っぱい味わいが特徴。品種によって、糖度や味わい、食感が違う。
歴史
奈良県は1962年から18年間、作付面積が全国第3位の大産地だった。本来いちごの旬は春であるが、クリスマスにも出荷できるように昭和40年頃に技術革新がなされたが、その技術の多くが奈良県が開発したもの。奈良のいちご農家の技術力は高く、品質の良いイチゴが今でも生産されている。

アスカルビー
〜奈良のいちごの代名詞ともいえるアスカルビー。丸みをおびた形は、万人から愛される宝石のような珠玉の一粒。〜

主な産地 奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、香芝市、葛城市、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、田原本町、御杖村、高取町、明日香村、上牧町、広陵町、河合町、大淀町、下市町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 丸みのある円錐形で、粒ぞろいがよく、水分が豊富で口に含んだ瞬間に果汁が溢れ出るジューシーさが幅広い世代に親しまれている。観光農園では完熟のアスカルビーを食べることができる。
歴史 「アスカルビー」は奈良県が育成した イチゴの品種。水分が豊富で口に含んだ瞬間に果汁があふれるジューシーさが幅広い世代に親しまれています。奈良県が育成し、2000年に品種登録されたロングセラーいちご。

古都華
〜口中に広がる濃厚な味わいは、一度食べると忘れられない。〜

主な産地 奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、田原本町、御杖村、高取町、明日香村、上牧町、広陵町、河合町、大淀町、下市町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 「いつ食べてもおいしい」いちごを目指して奈良県が育成した品種。県内でしか栽培されていない希少価値の高い贅沢ないちご。 さわやかな酸味と甘みのバランスが良く、香りと風味が濃厚で、艶・色・形どれをとっても抜群ないちごです。
歴史 古都華は奈良県農業試験センターが育成し、平成23年に品種登録された奈良県生まれのいちごです。平群町は古都華の栽培面積1位を誇る古都華の産地です。

珠姫
〜一口では食べきれない大きな果実が特徴。〜

主な産地 奈良市、大和高田市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、葛城市、平群町、三郷町、田原本町、高取町、明日香村、広陵町、河合町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 卵サイズの果実は見た目のインパクトが大きい。酸味が少なく、優しい味わいは、子どもからお年寄りまで万人に好まれる。
歴史 2019年に品種登録出願された品種で栽培面積は少ないが、売り場では存在感を放っている。

奈乃華
〜「古都華」から産まれたニューフェイス。奈良に咲く「華」をイメージして名付けられた。〜

主な産地 奈良市、大和高田市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、葛城市、三郷町、斑鳩町、三宅町、田原本町、高取町、明日香村、上牧町、広陵町、大淀町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 果皮が硬く、痛みにくい。贈答用としても使われる。親の「古都華」が持つ、甘味と酸味のバランスの良さが顕在。
歴史 表面(果皮)がしっかりしているので、暖かい季節になっても日持ちがよく、味は甘みと酸味のバランスが良好。2020年より「奈乃華」の名前で発売されたばかりの品種。

ならあかり

主な産地 奈良市、大和高田市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、平群町、三郷町、斑鳩町、川西町、田原本町、明日香村、広陵町
主な季節
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
特徴 県育成の他品種(アスカルビー、古都華)よりも収穫開始期が早く果形の揃いが良い。糖度が比較的高く安定しており、酸度が高く、すっきりとした甘さ。
歴史 「古都華」と「とちおとめ」の交配から得られた奈良県育成系統に、「古都華」と「かおり野」の交配から得られた奈良県育成系統を交配し、平成26年に得られた約4,500株の中から選抜した。